Skip to main content

赤ちゃんの目を見つめ、語りかけながら赤ちゃんにふれてケアしてあげると、赤ちゃんは情緒が安定し、ストレスホルモンが減少することなどが発表されています。

「ふれる」ことで深まる親子のきずな。タッチケアは、心と体のふれあいです。

赤ちゃんの目を見つめ、語りかけながら赤ちゃんの素肌にふれる、なでる、マッサージする、手足の曲げ伸ばしをするなど、赤ちゃんにふれてケアしてあげること、それがタッチケア。タッチケアをすると、赤ちゃんは情緒が安定し、ストレスホルモンが減少することなどが発表されています。

誰もが感覚的に知っていた、ふれることの大切さ。

日本では、昔からおんぶや抱っこの習慣がありました。これは、赤ちゃんとふれあうことの大切さを誰もが感覚的に理解していたからかもしれません。1986年アメリカでは、マイアミ大学小児科学研究所でティファニー・フィールド博士が早期産児にマッサージをしたところ、マッサージをしなかった赤ちゃんと比べて、47%も体重増加が見られ、退院が6日早まったという研究結果を発表しました。

引用文献:Field TM, et al. Tactile/kinesthetic Stimulation Effects on Preterm Neonates. Pediatrics. 1986; 77:654-65

確かな裏付けをもとに、さまざまな人の健康のために。

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、いち早くこの研究結果に興味をもち、1992年、マイアミ大学内にティファニー・フィールド博士指導のもと 「タッチリサーチ研究所」を設立。「ふれる」ことに対するさまざまな研究を進め、早期産児から高齢者、また健常者や疾患のある人まで、さまざまな人々の心身の健康に貢献しています。

日本でのタッチケアとしては、1998年に小児科医を中心として医療従事者が「日本タッチケア研究会」を設立。医療スタッフのサポートのもと、「タッチケア」の教育・指導を行っています。 そして、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社では、この「タッチケア」をたくさんのお母さんに知っていただきたいとの思いから、赤ちゃんをもつお母さん、お父さんに向けて「タッチケアセミナー」を開催。これまで1000組を超える親子が参加しました。

トップに戻る