Skip to main content

ベストな状態で赤ちゃんのお世話をするには、自分を大切にすることも必要です。幸せで健康な状態を保つためにできることを学びましょう。

「赤ちゃんが生まれるとき、お母さん(お父さん) も 生まれる」と言いますよね。すでに出産・育児が人生で最もやりがいのあることだと感じているかもしれませんが、最も難しいものでもあるのです。

少し疲れたと感じても、それは自然なことです。不思議なことではありません。だって出産を終えたばかりなのですから! 最高の環境が整っていても、出産は精神的にも肉体的にも疲れるものなのです。出産中に出血が多かったり、脱水症状になったり、あるいは産後に貧血があるようなら、体調が回復するまでに数日から数週間かかることがあります。

助けを求めよう

今はヒロインを気取る時ではありません。必要な時には、差し伸べられた手に甘えてもいいのです!

例えば、友達が「洗濯をしようか?」と言ってくれたり、お義母さんが何食分か食事を持ってきてくれたり、あなたが昼寝をする間、パートナーが「赤ちゃんの世話をしようか?」と言ってくれたり。産後、間もない時期に誰の手助けもなかったり、家族から離れて暮らしている場合は、しばらくの間、家事代行や産後ヘルパーにお願いすることを考えてみて下さい。

誰かを雇うことが選択肢にない場合は、日々の家事をシンプルにしたり、減らしたりしましょう。例えば、毎晩食事を作るのでなく、多めに調理をして別の日に食べるなどです。

リラックスする

一日中、昼夜問わず、赤ちゃんを抱きあげたり、授乳をしたり、揺らしてあやしたりするうちに、あなたは疲れを感じているかもしれません。パートナーにマッサージして欲しいと頼むなら、今です。

赤ちゃんをマッサージするメリットについてはもうよく知っていると思いますが、あなたにとっても、ゆったりと落ち着かせてくれるマッサージは必要です。パートナーに、肩から腕、腰、太ももからふくらはぎにかけて、やさしくもんでもらい、筋肉の疲れをほぐしましょう。マッサージをより快適にするために、ローションやオイルを使うことも忘れずに。

JOHNSON'S ベビーオイルは、大人の肌にもいいものです。アレルギー反応を起こしにくく、市販されている一般的なローションに比べて、2倍もの潤いを閉じ込めます。

水分補給を忘れずに

水分が不足すると、気づかないうちに疲れやすくなってしまうものです。母乳育児を行っているなら、さらに水分が不足しがちです。充分な水分を摂ることを忘れないようにしましょう。

飲むことを忘れないように、座って赤ちゃんに授乳する度にコップ1杯の水を飲むというのもよいでしょう。胃にもたれやすく、のどが渇く重い食事は避けましょう (例えば、ハンバーガーやピザなど)。その代わりに、水分を多く含んだ果物や野菜、温かい食事を摂りましょう。

肌が水分を欲していることも忘れずに。肌の潤いを補うためにも、そして自分の時間を持つためにも、シャワーやお風呂に入るようにしましょう。シャワーやお風呂は、肌の保湿を助けるだけでなく、張った筋肉もほぐしてくれます。肌に優しく、潤い豊かな洗浄剤を使うようにして下さい。

シャワーを浴びた後には、潤いを閉じ込めるために、肌が湿っている間に保湿剤を塗るのを忘れずに。

睡眠

あなたにも睡眠が必要なことを忘れずに!赤ちゃんが眠っている間に家事を済ませるのはやめて、一緒にお昼寝をしてみませんか。
赤ちゃんが寝ている間に、少しリラックスしてみましょう。夕食後はカフェインが含まれている飲み物は避けましょう。寝室をできるだけ静かで快適にしましょう。寝室は涼しくて暗い方が、よく眠れます。

音楽を聴いたり、パートナーにマッサージをお願いしたり、医師からの許可が出たら、お風呂に入るのもいいでしょう!
ベストな状態で赤ちゃんのお世話をするには、自分を大切にすることも必要です。幸せで健康な状態を保つためにできることを学びましょう。

トップに戻る