Skip to main content

赤ちゃんが家に来てから最初の週は、赤ちゃんにとっても、ママにとっても、学習と成長の期間です。へその緒のケアは単純に思えるかもしれませんが、実は赤ちゃんは敏感に感じています。デリケートな部分をケアするときには、優しくタッチしてあげましょう。

へその緒のケアを恐れる必要はありません。基部の乾燥が早いほど、へその緒が早く取れます。へその緒に触れる前に手を洗いましょう。そして、お風呂上がりの時など、1日1回綿棒を使って、アルコール等で消毒します。おしっこやうんちで汚れた時は、汚れを拭き取ったり、洗い流したりし、その後消毒しておきましょう。

へその緒周辺の環境は常に乾燥した清潔な状態でなくてはなりませんから、おむつで覆われることのないようにしましょう。おむつの位置が高すぎる場合は、折り曲げてから固定するようにしましょう。へその緒がとれた後、完全に乾燥するまで消毒は続けましょう。目安として、部位はへその緒がとれた後、7~10日で治癒します。

気を付けるべき兆候

へその緒がとれた後も、以下の状態が続く場合は、小児科医に相談しましょう。

  • おへそやその周辺の赤みが続く
  • 悪臭がする
  • おへそがジュクジュクしていて膿が出ている

お子様の年齢・生活の場面・製品の種類から、お探しの製品を素早くかんたんに見つけられます

Clinically Proven Mildness

CLINICALLY PROVEN MILDNESSTM

 

赤ちゃんのデリケートな肌にとって優しい製品をつくるために行われている、JOHNSON’S® の厳格なテストや専門技術について学びましょう。

トップに戻る