Skip to main content

生まれたばかりの子供がいるからといって、ずっと家にいなくてはならないわけではありません。家から出て、いろんな場所を探索してみましょう。

赤ちゃんとの旅行は楽しいものであると同時に困難が付き物となります。旅行をより楽しいものとしていただくためのヒントをご紹介。

家族連れに優しい旅行先を選ぶ

安全なベビーベッドがあり、赤ちゃんのための設備があるホテルを選びましょう。

練習用の旅行をする

赤ちゃんが適応する様子を確かめるために日帰り旅行もしくは週末旅行に出かけましょう。生後6ヵ月以上であれば、行き先の写真を見ながらそこで何をするか話して聞かせることができます。

あせらない

ゆっくり旅行しましょう。見るものや聞こえるものがあまりに多いと、赤ちゃんにとって刺激過多になりかねません。旅行計画を制限し、1日につき目的を1つにしましょう。

休憩をとる

ドライブ旅行の場合、運転時間を6~8時間に制限し、おしめの交換やトイレ休憩、息抜きの遊びのために2時間ごとに休憩しましょう。1日の予定を早めに切り上げ、長時間のドライブで疲れた皆の体をくつろがせるようにしましょう。

おやつをたくさん用意

赤ちゃんが固形食を食べるようになっていたら、おやつをたくさん用意しましょう。水やジュース、離乳食は必須です。

サプライズを持っていく

ドライブに退屈しないようにサプライズとなるお楽しみを持っていきましょう。赤ちゃんには光るものや音楽玩具、飛び出すおもちゃ、ガラガラなどを検討しましょう。歩きはじめの幼児にはパズルや紙とクレヨン、 読み聞かせの動画などを検討しましょう。

ホテルの部屋を赤ちゃんにとって安全な場所へ

ぐらぐらしているものを固定し、電気コンセントにカバーができるか事前にホテルに確認しておくと安心です。

飛行機での移動

飛行機に乗る予定であれば、航空会社が赤ちゃん専用シートを用意している場合もあります。事前に調べて、利用を申し込むとよいでしょう。耳鳴りを防ぎ、保水するために離陸と着陸のときに食べ物を与えるようにしましょう。

早めに出発し、早めに帰る

赤ちゃんが1日の早めの時間帯に最も調子が良いのであれば、午前中に観光し、午後はくつろぐためにとっておき、日課を守るようにしましょう。

トップに戻る