Skip to main content

バスタイムの習慣は、親の手の感触を感じるマッサージなどで親子がダイレクトにスキンシップし*a-9、赤ちゃんの目を見つめてアイコンタクトをとり*a-9,13、親の声を聞き*a-16、親の匂いなど親しみのある匂いを認識し*a-20、またはバス製品の匂いを認識する*a-9ことにより複数の感覚への刺激が生まれる機会をもたらします。バスタイムの習慣を通して赤ちゃんが継続的に、見て、聞いて、匂って、 触れることにより、触覚、視覚、聴覚、嗅覚など複数の感覚を刺激し、他には無い豊かなひと時を生み出します。

Bath Time Ritual

多感覚に訴える刺激の利点とバスタイム

Making Bath Time Part of…

バスタイムを毎日の習慣として日々実践するようになると親のストレスが軽減され、赤ちゃんの睡眠にも質・量ともにより良い結果が見られます。*a-21 入浴後に優しいスキンローションを使ったマッサージと穏やかなアクティビティを行う習慣は、シンプルな方法ながらも赤ちゃんの睡眠の量と質をともに向上させます。(その有効性は)科学的に裏付けされています。習慣の実行は、親のストレス減少に関連しています。*a-21母親と18か月から7歳までの赤ちゃん(サンプル数n = 206)を対象に3週間の実験が行われました。コントロールグループの母親は通常の習慣通りに過ごし、もう一方のグループの母親はマッサージと穏やかなアクティビティを含む特定のバスタイムの方法の指導を受け実行しました。結果、習慣を実行したグループの母親の気分は著しく向上し、赤ちゃんの睡眠の質と量も向上しました。*a-21 こうしたバスタイムは、赤ちゃんが見て・聞いて・感じて・におうことから多感覚刺激を与えていると言えるでしょう。

Cortisol Levels of Parents…

バスタイムは赤ちゃんだけではなく親にもリラックス効果をもたらします。特に香りがある製品を用いた場合、その効果は大きくなります。香りがあるバス製品を用いた赤ちゃん(サンプル数n=30)は、香りが無い製品を用いた場合と比べて泣く頻度が少なく、入浴後の睡眠もより深く、長くなります。同時に、香りがある製品を用いた親にはよりリラックス効果が見られ、赤ちゃんに対してスキンシップを与える機会がより多くなりました。また香りがある製品を用いた親子のバスタイム後のコルチゾール値は著しく減少し、全体的なストレスレベルも減少が見られます。*a-9

参考情報はこちらをクリックして下さい.

JOHNSON’S® 3-Step Routine

ジョンソン®ベビーのすやすや3ステップは、赤ちゃんの発育に大切なすこやかな睡眠のために、小児睡眠の専門家とジョンソン・エンド・ジョンソンが共同開発した、お休み前のベビーケア習慣です

お子様の年齢・生活の場面・製品の種類から、お探しの製品を素早くかんたんに見つけられます

トップに戻る