Skip to main content

幼児を寝床に行くように促し、静かな眠りにつかせるのは容易ではありません。健康的な生活のために十分な眠りを確保するには、決まった習慣を守るようにしましょう。それによって安らかに眠りにつき、あなたとの絆を深めることができます。

赤ちゃんの独立心が高まり、多くのことを自分でやるようになると、「幼児期」を脱したのではないかと思いたくなります。でも赤ちゃん時代と同じようなサポートを必要としていることも忘れないでください。まだまだたくさんの見守りや寄り添い、睡眠を必要としているのです。幼児には合計で12~14時間の睡眠が必要で、そのうち夜間が通常11~12時間、日中が1~3時間となっています。

睡眠時間と幼児

たいていの幼児は一晩中眠る習慣を自然に身につけますが、早すぎる時期に囲いつきのベッドから普通のベッドに移るなどの環境の変化・ストレスや、旅行や病気などの影響があると一時的な後退が起きることがあります。

幼児が必要とする休息や睡眠を確保するために、以下の就寝時のアドバイスを参考にしてください。

  • 昼寝と睡眠の決まった時間を設定する(午後遅くの昼寝は避ける)。
  • 20~45分間の夜の習慣を確立し、赤ちゃんがリラックスできるようにする
  • 部屋を暗くし、涼しく静かな環境を与える
  • 眠気を感じているときに就寝させる
  • お気に入りの夜間の活動を最後にとっておく

夜の3ステップ習慣を身につける

就寝前の習慣によって、幼児の眠気をさそい、リラックスして眠る時間だと教えることができます。毎晩、決まったパターンを守るようにしましょう。次にすることが分かっていれば、赤ちゃんもリラックスできます。就寝時の習慣が常に一定の方向、つまり寝床に向かうようにしましょう。

夜の3ステップ習慣を身につける

生まれてから間もない段階でも、夜の習慣をつけておけば、おやすみの時間だと分からせることができます。以下の様なすやすや3ステップを試してみてください。

お子様の年齢・生活の場面・製品の種類から、お探しの製品を素早くかんたんに見つけられます

トップに戻る