Skip to main content

多感覚刺激を与えることの長期的な利点について科学による理解が進んでいるものの、それらが一般的な習慣といえる状況にはまだありません。

子どもが育つ環境が脳の形成に大きな影響を与えることはよく知られています。赤ちゃんの健やかな成長と発達には、適切なケアと刺激が欠かせません。赤ちゃんが毎日の暮らしの中で経験していることが感覚を刺激し、成長に影響を与えるのです。

多感覚に訴える刺激が、未熟児の赤ちゃん、正産期に生まれた赤ちゃん両方の健康的な発達を支えることは科学的に証明されています。バスタイムやマッサージなどの習慣は、赤ちゃんが豊かな多感覚刺激を体験できる理想的な機会です。バスタイムの習慣を豊かな多感覚刺激を体験できる理想的な機会ととらえることで、それが心に残る経験となり、総合的な赤ちゃんの健康な発達につながります。

JOHNSON’S® 3-Step Routine

ジョンソン®ベビーのすやすや3ステップは、赤ちゃんの発育に大切なすこやかな睡眠のために、小児睡眠の専門家とジョンソン・エンド・ジョンソンが共同開発した、お休み前のベビーケア習慣です

お子様の年齢・生活の場面・製品の種類から、お探しの製品を素早くかんたんに見つけられます

トップに戻る